幼児の入浴 | 不妊鍼灸で懐妊をサポート!名古屋の【はり灸 ひまわり】は不妊にお悩みの女性の味方です。

幼児の入浴

2017年12月03日 10:20:01

妊娠36週(第2子目)の妊婦さんが来院。出産に備えての骨盤調整。会話の中で「上の子が夜中に身体を痒がり眠れない」と。
皮膚科にて一番弱い薬を処方。
話の中で、幼児ということで一番風呂に入れていると。
昔は水からお風呂を沸かしました。湧き上がった時点で、湯を棒でかき回しました。その際に、湯気が立ち込め、それと同時に水中のカルキなども出てきました。
しかし、現在はお湯が自動給湯されます。かき回すなどは不要な環境になりました。カルキなどが残っている一番風呂は幼児の身体には厳しいものがあるように感じます。
「一番風呂はやめる、または、湯を浴が室が湯気でいっぱいになるくらい湯かき棒でかき回す」とアドバイスをしました。
そして、ヨモギ&びわの葉(処方)を煮出して、そのエキスを少し湯船に加えてみることを提案いたしました。説明文も文献よりコピーしてお渡ししました。
二日後、妊婦さんの姑さんが来院。「少しだけれども、痒がるのが楽になってきている」との事でした。

一覧へ戻る

はり灸 ひまわり

Tel052-625-5051

【営業時間】9:00~18:00(最終予約17:00) 【定休日】日曜・祝日、水曜日(不妊ガイダンスのみ)

ご予約・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ